花と旅が大好きなブログです!

花と旅が大好きなブログです!

お出かけ情報旅・ドライブ情報日光神社仏閣

日光についての紹介

先ず 「日光について紹介」するとき、非常に広範に渡るエリアなので、どの範囲、程度まで紹介すればよいのか、実はとても難しいのです!
各人の好みもあるでしょうし、季節の趣向もあります。

日光あるくー1

先ず概念的には、日光市内から、湯の湖周辺までを一括して紹介しており日光全般を見ることが出来ます。 日光について紹介する、或いは、「日光とはどういうところか」を広範に、しかも簡単に見るのには多分利用しやすいページだと思います!

日光あるくー2

そして、関連ページへも飛ぶことが出来るようにしたので、これで有名な日光の主なテーマを頭に入れてから、是非現地を訪れてみて下さい! ・・・・

日光あるくー3

関連ページとしては・・・・「日光東照宮を歩く」 「日光東照宮の裏道を歩き楽しむ!」 「日光市内を歩く!」    クリン草咲く千手が浜    日光霧降高原・キスゲ咲く様子! など、お楽しみください!

日光あるくー4

未分類

日光 湯元 を楽しむ

ご存じない方々も多いと思うのですが、日光中禅寺湖周辺の温泉は、ここからの湯を引湯しているのです。 ここの紅葉は一番最初に始まりそしてだんだんと竜頭の滝を紅葉させながら、中禅寺湖周辺そしていろは坂えと毎年下って行くのです。・・・★参考「日光特集一覧」

日光湯元周辺-1

今日は、そうした日光の景観のうち湯の湖周辺に 焦点を当ててみることにしましょう! この地域の秋は言うまでもなくベストなのですが、その他の時期について見てみましょう・・・・時は、初夏の時期の湯元周辺を見て回ってみようと思います。 戦場ヶ原を通過して車なら20分もかからずして、湯の湖に到達します。

日光湯元周辺-2

この周辺にに付いたと言うことは、温泉の硫黄臭い匂いが立ちこめることで直ぐ分かるでしょう・・・・そして白樺林が急に多くなることです。 白の木々の間に見え隠れする美しい湖面・・・それが湯の湖です。 湯の湖の水は、湯滝になって流れ下り、戦場ヶ原を潤しながら竜頭の滝に至るのです。そして、直ぐ下の中禅寺湖へと流れ下るのです。(20090619) 20090629 「速報日光霧降高原・キスゲ咲く様子!」 その他、情報検索は、こちらから!「特選 情報検索窓へ」

日光中禅寺湖-1

この時期の湯元は、空気が素晴らしく綺麗で、つつじが咲き乱れているのです。 梅雨の晴れ間をぬって美しい湯の湖の湖面がぎらぎらと輝くのもこの時期の特徴なのです。 車も比較的少なく殆どと言って混雑はなく、人により感傷的な感情に十分浸れる時期なのです・・・・太公望達は、ボートに乗って湖面奥に見え隠れして釣りを楽しんでいる姿が見えるのです。湯の湖は、決して大きな湖ではないので、周辺を探索してもそれほど時間が掛かるところではないのですが、ゆったりと一周するにはやはり30分では、きついでしょう・・・・「花と旅は、みちくさ情報へ!」

日光湯元周辺-3

こんなに綺麗な白樺が沢山道路脇にあって、夏でも涼しげな雰囲気が漂うのです。 あの有名な白根山の麓ですから、当然山岳風景と山岳気分に浸れるのは当然のことでしょう・・・では、ここの駐車場は、殆ど空いているので何処に置いたとしても良いのですが、そこから、この地の「温泉寺」を訪れてみましょう・・・・ 単に北方向へ歩って行けば、簡単に目印があります。 冬には、この寺の周辺は、雪が沢山積もっているのですが、今頃は全くそうした気配はないのです。 そして知らない方々がいると思うのですが、この温泉寺は、山登りの方々にはなじみ深い場所なのです・・・・そうです、次の日の朝早く、山を目指して登る人は、この温泉寺に泊まるのです・・・・え!・・・泊まれるの?・・・そうです、希望が有れば、温泉だけでも入ることが出来るのです。 私も良くお邪魔して素晴らしい濃厚な源泉湯に入ってきたことを思い出すのです! 寺で温泉と言うのは、なかなかないことでしょう!

日光湯元周辺-4

温泉寺の温泉に入る

さて、奥日光の紹介でなくてはならないのが、この温泉寺の温泉です・・・故人では入れる温泉なのです。 輪王寺の温泉に入れるということは驚くべきことでしょう・・・但し冬の間は入れないのです・・・休寺湯ということなのでしょう・・・また春から入れます。 ちょっとここで概要を紹介しておきましょう・・・「「日光山温泉寺」(にっこうざんおんせんじ)は、世界遺産「日光山輪王寺」(にっこうざんりんのうじ)の別院です。その歴史は大変古く、日光を開山された「勝道上人」(しょうどうしょうにん)が、延暦7年(788年)にこの温泉を発見し、病苦を救う薬師瑠璃光如来様をお祀りしたのが始まりです。 4月中旬~11月下旬 8時~17時頃まで 大人 500円/小人(4歳~小学生) 300円 志納金 0288-55-0013(中禅寺・立木観音)

日光湯元周辺-5

その後薬師信仰のもと、庶民の療養延年の名湯として知られるようになり、江戸時代には、輪王寺宮の直轄寺院としてその名が徐々に広まりました。また当時は、この霊場を管理していた中禅寺上人(ちゅうぜんじしょうにん)と、日光奉行の許可を受けなければ、温泉に入ることができなかったと言われております。

日光湯元周辺-6

現在では、どなた様でも参篭して入浴ができます。全国でも大変珍しい、温泉に入ることのできるお寺でございます。奥日光にお越しの際は、温泉寺のお湯につかり、お薬師様の「健康増進・延命長寿」のご利益を頂いてください。」このように紹介されています。 輪王寺より

日光湯元周辺-7

この時期の散歩がてら素晴らしい理由の一つに、至る所にここの有名なクリン草が咲き誇っていることです。ここで見られるクリン草は、流石に自然の中で育っているだけ有って、色も発育も素晴らしく元気な花々を見ることが出来ることでしょう・・・・これも温泉寺の入り口に咲き乱れているクリン草群です。 鐘楼も有って、山中の寺とは思われないくらいしっかりとした、寺なのです。 クリン草と言えば、やはりこの時期に満開を迎える「千手ヶ浜のクリン草群落」でしょう・・・・

クリン草は、名の通りに沢山の花が輪をなして咲いているのです・・・それが何段も重なって咲くのでクリン草の名が付いているのです。 この周辺の旅館では、入り口にこの花を咲かせて皆を待っているところが多いようです・・・それほど生活と結びついている花なのです。

日光湯元周辺-8

温泉寺から、湯元温泉の源泉地、他の名称で言えば、殺生河原と言うところでしょうか! 湯元は油量が豊富なのですが、あまり火山活動がむき出しになっているところは少ないのです・・・ですから、どこからお湯が引かれているのか分からない方もあるでしょう。 遠くに見える家のような形の中には、ぶつぶつとしたあわが沢山あがり硫化水素が泡立っており、源泉が湧出しているのです・・・そして今回分かったことは、あの家が他の各所には、宿の名が記されており、これがうちの源泉ですよーと言う名称が刻んであるのです。 やはりその土地、土地の歴史が作り出した生活の原点が見え隠れしているのです。

日光湯元周辺-9

この周辺は、亜硫酸ガスが流れており鼻を突く匂いがいっぱいです。そしてこの周辺一帯は、大笹が根付いており、このように泡立つ7温泉の源泉が外まで流れ出ている状態を目にすることが出きる場所なのです。

日光湯元周辺-10

遠く源泉湧出場所に、つつじの木が今の初夏の時期を堂々と示し咲いていたのが印象的でした・・・・この木の咲く上には金精山に至る嘗ての有料道路が有って車が轟音を建てて上って群馬県側へと走り去って行くのが見えました・・・・さて、先ほど紹介しましたが、この温泉地湯元温泉街は、それほど大きくないので歩きながら全部見ても一時間も有ればお釣りが来るところです・・・・温泉など入り日光の初夏を楽しむと言った風情が、きっと皆様には合うことでしょう・・・・

さっきの温泉湧出場から、南に下ってみましょう・・・・静かな温泉街です。 歓楽街という風情は有りません・・・温泉の匂いが鼻に快くにおってきます・・・・所々で車が止まり、一風呂浴びようと、探索している風景が目に付きました・・・・これが温泉街特有の風情なのでしょう・・・犬のいななきが静かにこだまして、聞こえてきました・・・・以下に静かな温泉街なのでしょうか! 冬のスキーシーズンのそれとは比べ物にならないほどです・・・・ところで、このみちを出て直ぐ右に曲がると、暫く行って左側に湯元温泉足湯 「あんよの湯」 が、ある! この施設はかなり大きく素晴らしいので(勿論無料)時間がある方は足を暖めることを忘れないようにしよう! 多分疲れが吹っ飛ぶことでしょう・・・

旅館街の一角、クリン草が大事に管理されて咲き誇っていたのです・・・・こうした風景を見ると対照的な首都圏などの生活の凄まじさが何か頭をよぎるのです!

昔からの温泉街の様子を振り返ってみたのですが、周辺の建物は確かに新しくなって変わってしまいましたがその神髄にある道筋は、今もむjかしも変わらず、往時の風景をそのまま伝えていたのです・・・・静かな温泉街です。 こういうところで一日過ごせば、日々のストレスもあっという間に吹き飛んでしまうのでしょう・・・・

ここには温泉神社もあります・・・・こういう温泉街に深く入り込まないと見ることは出来ません・・・・特に車で走っているだけでは、見逃してしまうのです。 まことにお美しい風景です!

この旅館街からは、金精峠を通kっする時に迫り来る白根山がはっきりと見えてくるのです。 なかなかよく見えない山ですが、ここからは手に取るように見ることが出来るのです。 しかし登山してみるとなかなかきつい登りの山だと言うことが思い出されてくるのです・・・・

今回初めてお目に掛かりましたが、こんな温泉の飲泉場がありました! 川原湯と書いてありました・・・・実際は昔からあったのでしょうが、大きな石に刻まれた川原湯と新しく立て替えられたこの木組みの小屋が、何ともこの温泉街の昔を物語っているようでした・・・・

いよいよ温泉街を通過して先に来た場所、湯の湖の袂に到着しました!・・・丁度一周したことになります・・・・これほど明るい空気の中で見ていた湯のこの風景と今までの温泉街の空気感の違いがお分かり頂けたでしょうか・・・・それほど、この周辺は、散歩がてら歩くと見る場所も多いのです。

最後に、この周辺で一番綺麗な「つつじの花咲く頃」を写真でごゆっくりと楽しんでみて下さい・・・・・では、今日は日光「湯元周辺と温泉街」を紹介してみました・・・・

お出かけ情報旅・ドライブ情報神社仏閣

鷲子山上神社紹介

鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃと読みます)は、フクロウの神です。 不苦労ということに合わせた鷲子山上神社です。 比較的、烏山方面から行くと分かりやすい道のりで行くことが出来ます。 一方、馬頭方面から行くと入り口が、出口の方が先に見えて来るので注意が必要です。 ここを入ってしまうと狭い道でしかも一方通行の道を逆に入ることになるからです。 入り口の案内を良く見てから逆走しないよう入ることにしましょう・・・

鷲子山上神社-1

最近新たに設けられたふくろうは、参道の東側に沢山あって、それを巡るたびは楽しいものです。 学問の神とか、病退散などなど楽しく巡れることでしょう。 そして忘れられないのが、ふくろう=不苦労ということで、人気が高く、金運アップもかなり期待できそうです・・・以下は最新の画像です。 金運団子、フクロウ、そして参道の数々のフクロウの軍団です・・・皆お参りするとかなり時間がかかります・・・

鷲子山上神社-2

南側の入り口から入ると、田園風景が広がりますが直ぐに杉の木の生い茂った街道筋に出ます。 それほど道は走り図楽な区、車でもゆったり走れます。 それほど強いカーブは、多くありません。 神社が見える手前の右側に5-6台の車の駐車場があります。 これが、満のときは、突き当りを左に曲がり、しばらく走ると広い駐車場があります。 そこに駐車できます。 ただここから歩くには、かなりの距離があるのです・・・お年寄りなどは、先の丁字路で待たせておいてから車だけを置きに行くと良いでしょう・・・駐車場からこのT字路まで徒歩で8分程度かかるでしょう・・・境内は広いのですが車は入れません・・・

鷲子山上神社-3

「ここ那珂川町の有名な鷲子山上神社は、年末の恒例すす払いが行われたそうです(18日)。フクロウは、不苦労になぞられて、幸運を呼ぶと言われ、ここでは約200体もあるフクロウがすす払いを受けて清められてそうです・・・」 そして、そして最近では「宝くじが当たる神社」として バスのツアー団体客が この神社にお参りに来ているという殻驚きです。 話によると、かなりの人が宝くじに当たってホクホク顔とか・・・・・・金運の神と呼ばれているのです・・・また近いうちに、お参りに行きたいです!

。 この鷲子山上神社の特徴は、栃木県都茨城県の県の堺にある神社です。 参拝の時に昇こちらが我が栃木県、そして反対側が茨城県というように区分されています・・・・なかなか特徴ある興味深い鷲子山上神社といえるでしょう! まあ、それにしても大きなふくろうがお出迎えしてくれるのです・・・その大きなふくろうがまた高い台の上からお出迎えしてくれるのでほんとうに驚きでいっぱいです・・・此の迫力は行ってお参りしないとわからないでしょう・・・

鷲子山上神社参拝したら、裏を回って帰るとよいでしょう・・・ 。 皆様はこの鷲子山上神社の名を読めるでしょうか? 実は、「とりのこさんしょうじんじゃ」と呼びます! なかなか難しい呼び名がついていますが、この鷲子山上神社はふくろうの神で有名なのです。 鷲子山上神社を訪れると分かりますが、沢山のふくろうに囲まれている鷲子山上神社です。 とはいえ、生きたフクロウでなく石で出来たものや、木彫りのフクロウなのです。 そして最近完成したのが日本一のフクロウの神様です・・・・それが鷲子山上神社の鳥居の階段を登った真上にあるのです。 何か本物のフクロウでは大きすぎて驚かされるばかりです。 この鷲子山上神社は、その他栃木県と茨城県の境にできているということも特徴なのです。

今朝は、急な雨が降って通勤に人は濡れてしまったようです。 梅雨晴れの日です。 ところで昨日、 この神社のあじさいの花が見頃と紹介されました! この神社も色々な花を植えていますが、寒椿と、この時期の紫陽花ということです。 あじさいの花は、この時期の花の少ない時期、とても大事な花ですね・・・多くのフクロウにかこまれて、あじさいの花も喜んでえいるようですね! 昨日TV朝日で、この神社のあじさいの花が紹介されました・・・訪れてみてはいかがでしょうか・・・

Computer、ホームページ関連

HomePage作成 参考事項

 

20200702:Bootstrapで、ボタンをリンク化したとき、行間で重なることがある。 約2mm以上重なる。これをなくすには、line hight で修正しようとすると、2.5の値を入れると、ほぼ落ち着く・・・bootstrapだけで、作ろうとすると、かなり抵抗がある。

2)win10の文字がやや汚いので、メイリオの利用を図る。 メイリオ変換のfree softが、あったのでこれを入れて現在利用中。 4種類簡単に入れ替えが可能・・・・

3)


20200629:BootStrapでいざ、リンク先のボタンを作れと言われるときっと戸惑うでしょう・・・

その対策はこれ!
★20160902:「都幾川 しゅうかいどう 2016年9月1日

解決策は、たったこれだけ!!

===>「都幾川 しゅうかいどう 2016年9月1日

「<a class=”btn btn-primary” href=”http://monoda1.com/html/tokigawa_shukaidou_3.html”class=”btn btn-primary”>都幾川 しゅうかいどう 2016年9月1日</a>」    というふうになる。

class=”btn btn-primary”を>tagのまえにいれるだけ!!

 

お出かけ情報旅・ドライブ情報

磯山神社 鹿沼市

いよいよ、鹿沼市にある有名な磯山神社のあじさいが見頃となりました。 ここは、夜間のライトアップなどもあり、豪華なあじさいを神社お参りと同時に見て鑑賞することができます。 片田舎の鹿沼にある有名な神社ですが、人では多く驚かされます。 ここは、小さな神社とはいえ、おすすめのあじさいと神社です・・・

鹿沼市磯山神社-1鹿沼市磯山神社-2

この磯山神社は、嘗ては村の鎮守さまから、発展した神社と言えよう! 全く、周辺の農村地帯二見て取れる神社と同じ形態で構成されている卯が、ちょっとした高台に本殿が位置していて、素晴らしい周辺の警官を残しているのである。 本殿はちゃんと朱塗りの色で塗られて絵下り、ただ作ったというような物でないことが見て取れるのである。 この様に石の鳥居から本殿までは、杉の木内側に沢山のあじさいが植え込まれており、それらが満開の時には素晴らしい場所となるのである。

鹿沼市磯山神社-3

ここは、祭り開催中は、夜間も照明が行われており、夜のあじさいを満喫出来るようになっているのである。 かなりの献灯提灯がずらりとつるされており、信心がかなり遠くから来て、行われていることが分かる。 夕方から夜間にかけてのムードはそこらでは見られないような素晴らしい夜景を現出してくれているのである。 やはりそうした祀り方が、世評を読んで多くの人達がここを見にそしてお詣りに来るのであろう・・・

鹿沼市磯山神社-4

境内に入るわけである・・・・夕方ここを訪れると、ちょっとした異質なムードが、醸し出されているのである。 これらの提灯の明かりが総て照らし出されており、その中にあじさいが静かに咲き乱れているのである。

鹿沼市磯山神社-5鹿沼市磯山神社-6

実際ここお味債は周辺に多数植えられておりその株数はよく分からないがかなり多いことが分かる。 よく観察すると大分変わった種類があるのが見て取れる。

茅の輪等も祀ってあり、その傍にはこの輪の巡り方おま襟の仕方なども親切に書いてあって、皆助かるであろう。 希望によって色々な事柄について、拝んでくれるようになっており、古い人形などの祈りも行ってくれるようである。

地元に根付いた神社、そしてそこから、あじさいを介して広がる、観光、色々な面で、この神社は、今後も大きく期待される神社となっていくことであろう。

ここは、農村地帯であるが周辺には、米が作られている所なのだ! 周辺環境はとても良く、訪れるには、素晴らしいところなのだ。 今は、お祓いもやってくれるようになっていた。いまは、茅の輪があって、そこをくぐり抜け、無病息災を祝うそうです。